お悩み解決!飲食店の開業資金の集め方!

f:id:takumi_13:20180913181652j:plain

飲食店独立を夢見る人の悩みの一つが、開業資金の集め方。

 

参入障壁が低いと言われる飲食業界ですが、店舗を持つとなると平均1000万円かかるとも言われています。

 

リスクを伴う挑戦です。

 

今回は、開業資金の集め方と、それぞれの状況に合わせた資金調達の方法をまとめました。

 

 

1.自己資金

 

どんなシチュエーションでも大切になってくるのが、自己資金です。

 

しかし、自力で開業資金1000万を貯めるとなるとかなりの時間がかかります。

 

月に5万円貯金しても、約17年かかる計算です。

 

自己資金のみで、開業するのは現実的ではないかもしれませね。

 

しかし、これから紹介する融資制度においては、自己資金に比例して借入上限額が定めらていることも多いです。

 

自己資金は起業家の本気度を測る指標なので、一円でも多く準備する事は大切です。

 

 


2.日本政策金融公庫

 

日本政策金融公庫が提供する「新規開業資金」「新創業融資制度」を紹介します。

 

日本政策金融公庫とは?

 

日本公庫は、「一般の金融機関が行う金融を補完すること」を旨としつつ、国の中小企業・小規模事業者政策や農林漁業政策等に基づき、法律や予算で決められた範囲で金融機能を発揮している政策金融機関です。年間約30万件の事業資金融資を行っており、そのうち、融資金額500万円以下が約50%、3,000万円以下が約90%となっています。新たな事業を始める方、災害や経営環境の変化に対応する方などの資金需要に、少額から応えてきており、日本の中小企業・小規模事業者や農林漁業者等の資金調達において重大な使命を担っております。

*1

国が運営する融資会社で、一定の条件を満たし、事業の社会的意義や成長性をうまくアピールすることで、お金を借りることができます。

 

「新創業融資制度」

 

新創業融資制度は、日本政策金融公庫が行う中小企業向け融資の1つで、新たに事業を始める人や初めて間もない人を対象にした制度です。

 

「新創業融資制度」の最大のメリットは、「無担保・無保証」で利用できることですが、融資される最高額は3,000万円(そのうち運転資金は1,500万円)となります。

 

原則として”無担保・無保証人”であることから、その他の一般的な融資と比べると、返済の利率が少し高いようです。

 

さらに、創業に必要な資金のうち10分の1は自己資金で賄うことができることが条件となっています。


「新規開業資金」

 

こちらも日本政策金融公庫が、新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする資金が必要な方対象の融資制度です。

 

相談により担保と保証人が必要となる場合があるそうですが、最大で7,200万円(そのうち運転資金は4,800万円)までの融資を受けることができます。

 

担保を提供すると、返済利率を抑えることも出来ます。

 

細かい審査の条件など、知りたい方は一度相談されてみてはいかがでしょうか?

 

日本政策金融公庫

 

f:id:takumi_13:20180913182055j:plain

 

3. 銀行融資

 

銀行融資も起業や開業時の資金として利用できます。

 

ただし、事業の開業前の業績や収益の数字がない状態での審査となるため、審査ハードルは高い傾向にあります。

 

事業の計画書などをしっかりと作成し、銀行担当者を納得させられるような考え込まれたビジネスであれば、融資を受けられる可能性が高まるでしょう。

 

また、過去1年程度の個人での支払い(光熱費、カード、税金など)をチェックされますので、利用を考えている方は注意して下さい。

 

経営者となる為、個人のお金の使い方もしっかりと審査対象となります。

 

銀行融資も日本政策金融公庫からの融資同様に、3週間〜の日数が必要となる場合があるため注意しておきましょう。

 

 

4.クラウドファンディング

 

クラウドファンディングとは、新規事業や新規サービスを告知し、そのアクションに賛同する人々から資金を調達する、Webサービスせす。

 

クラウドファンディングを運営する企業もふえ、エンタメに特化したモノ、飲食に特化したモノなどそれぞれに特徴があります。

 

世間から賛同を得れれば、数百万から数千万という大きなお金を集めることも出来ます。

 

新規事業のアイデアに自信がある人は、クラウドファンディングでの資金調達を検討してみても良いでしょう。

 

camp-fire.jp

readyfor.jp

いかがだったでしょうか?

 

1年あれば、しっかりとした計画を練り、自己資金を貯め、開業資金調達のアクションを取れると思います!