20代で”お金”を勉強しておかないと、きっと大変なことになる。

はいっ、料理人のtakumi(@takumi_13)です。

 

20代で起こるライフイベントとして、就職転職結婚出産などがあると思います。

 

僕自身、これら全てを実際に経験したわけではないですが、将来計画の一つとして頭の片隅にあり、その状況をイメージする事があります。

 

これらのライフイベントで切り離せないのが、”お金”のこと。

 

いつかちゃんと勉強しなきゃなー、と思っていたのですが、20代も後半に差し掛かってきたので、重い腰を上げ”お金”について学んでみようと思います。

20代で知っておきたい お金のこと

 

「5000万円」、

この数字が何かわかるだろうか?

これは君たち20代が、

親世代(60代)と比較した時に、

お金について背負っているハンディだ。

 

「お金持ちになれなくても、人並みの生活が送れたらいい」。

そう考える人も多いと思う。

だが、時代は変わった。

親たちの「普通の生活」が、もう当たり前ではなくなったのだ。

 

日本の借金は1000兆円を超え、世界有数の借金大国です。

その借金のツケを払わされるのは、僕たち若い世代なであり、両親の世代よりはるかに厳しい未来が待っています。

消費税や、その他税金が多く取られ、年金や公的サービスの質は下がっていくことが予想されるからです。

お金のセンスを身につけろ。

「お金の奴隷となるのではなく、お金を奴隷のように使いこなせ」

ジョン・ロックフェラー

 
目的もなしに節約しても、お金を貯めること自体が目標になってしまい、お金の奴隷となってしまいます。
 
どんな人生にしたいのか、それにはいくら必要で、その金額を生み出すにはどのような戦略が必要か、それぞれ考える必要があります。
 

20代のうちに自己投資して、収入を上げないと。

 
この本を読んで、僕が一番思った事は、”もっと稼がないと!”という事。
 
節約には限界があるし、生活のレベルは下げたくない。
 
ましてや、これから結婚、出産といったライフイベントが残っている。
 
それらに対応するには、自己投資して、収入を上げないといけないと感じました。
 
この本には、貯金、仕事、結婚、保険、老後、投資にまつわる”お金”の事が書かれており、お金について学ばなければ!と思わせてくれます。
 
お金について漠然とした不安を持っている貴方!
 
ぜひ読んでみてください。

本当にそれって健康にいいの?"食のリテラシー”【おすすめ本レビュー】

はい、料理人のtakumi(@takumi_13)です。

 

今回は、オススメの本を紹介します。

豊かに生きる上で欠かせない、健康。巷で見かける健康食品は本当にいいの?という疑問に対して、どう判断し対応するかが書かれた一冊をご紹介します。

f:id:takumi_13:20170820105055j:image

“本当にそれって健康にいいの?"食のリテラシー”【おすすめ本レビュー】” の続きを読む

【読書】「3つ星ガイド」をガイドするを読んだ。

「3つ星ガイド」をガイドする

まず驚いたのが、初めてミシュランガイド東京が発行されたのが2007年だということ。もっと歴史があるのかと思っていたが、10年前が初発行だったのだ。

内容としては、ミシュランガイドの歴史、そして日本初発行に関しての見解や、星がつくであろう飲食店の話だ。この一冊を読めば、フランス、日本の飲食業会を牽引するレストランを知ることができ、シェフの哲学にも触れることができるのだ。

“【読書】「3つ星ガイド」をガイドするを読んだ。” の続きを読む

《ワインソムリエ試験》ワイン基本ブックを読んで基礎を学ぶ。

f:id:takumi_13:20160324021502j:plain

 

takumi13.hatenadiary.jp

8月のワインソムリエ試験に向け勉強(独学)を始めました。 

 

現在、俺はスパニッシュ・ワインダイニングの料理人として働いいます。上司にソムリエがいる為、早速相談してみた所、上司が使っていた参考書などを貸してくれました!

カンシャカンゲキー!

ワイン基本ブック (ワイナートブック―わかるワインシリーズ)

ワイン基本ブック (ワイナートブック―わかるワインシリーズ)

 

 

ワイン受験講座〈2010〉

ワイン受験講座〈2010〉

 

 以上の2冊!ワインに関しての知識が皆無な俺。基本的なワインの知識、概要を理解する為、ワインの基本ブックを読むことを勧められました。

 

結局どうなの?ワインの基本ブック

結果から言ってしまえば、ワイン初心者にかなりオススメな良書!!!

 

目次

序章 ブドウの基本14種

第1章 ワインの基本を知る

第2章 ブドウ品種の特徴を知る

第3章 ワインのテイスティングをする

第4章 ワイングッズカタログ

 

全体として写真が多く、章によって構成も違うので飽きがこない。そして、ワイン初心者にも理解しやすいように、多くの形容詞や例を盛り込んでくれています。

ブドウ品種、ピノ・ノワールカベルネ・ソーヴィニヨンの味わいの違いについては。

ピノ・ノワールがインフォーマルな囁きなら、カベルネ・ソーヴィニヨンはフォーマルなスピーチです。前者が夜なら後者は昼、前者が感性なら後者は知性。前者が恋愛の対象なら後者はビジネスの相手です。

*1

ほーら、

伝わらないでしょう?笑

 

いや、ワイン好きならわかってくれるはず!!!伝わっているはず!!!

 

肉は赤?魚は白?いやいやもっと奥深い!

 皆さんもご存知でしょう。肉料理には赤ワインが合うんだよ!魚料理には白だよね!という料理とワインには相性があることを。

aissy.co.jp

簡単に説明すると、人間の持つ味覚センサーのバランスをとることができる組み合わせが相性が良いとされているのだ。

 

ワインと料理の相性についても触れている第3章。

シラー(ブドウ品種)のワインは、スパイシーな香りと力強い味わいを持っています。そんなシラーに合う定番は、内臓料理です。その香りが、重量感のある料理の香りと好ましいコントラストを形成してくれるからです。*2

 料理人としてはとても興味深い内容が書かれており、満足度が高い。

 

ワインソムリエ試験の導入本として最適な一冊

特に難しい内容はなく、ワイン初心者にはうってつけの本でした。

そして何より、さらにブドウ品種の個性や、歴史などさらにワインへの興味を引き立てられた一冊。

 

今後も8月のワインソムリエ試験に向け勉強していきますよー!