《リメンバーミー》のあらすじ・感想。家族の絆っていいなー。

f:id:takumi_13:20180413132203j:plain

*1

 

ピクサー・アニメーションの最新作《リメンバーミー》を映画館で観てきました。

 

その感想をまとめていきます。

 

 

あらすじ

舞台はメキシコ。

音楽が大好きな少年ミゲルは、音楽家になることを夢見ていました。

しかし、ミゲルの家系はは音楽を聴くことも、楽器を演奏することも禁止です。

なぜなら、祖先であるママ・メイダは、音楽家を夢見ていた夫に捨てられてしまったから。

彼女はそれから、音楽を嫌いになり、家族に「音楽禁止の掟」を立てたのです。

ミゲルは、その掟と自分の正直な気持ちの間で揺れ動きます。

そんな時、ひょんなことから死者の世界に迷い込み、過去に起きていた真実をすることになり・・・。

 

 

感想

見ようと思ったきっかけは、友人に勧められたから。

本当にそれだけでした。

内容も評判も知らず、1日(ファーストデー)だったので、ふらっと観に行きました。

そのせいもあってか、もの凄くよかったのです。

これはオススメの映画ですよ!

 

音楽がいい!

音楽家を目指す主人公、ミゲル。

そして、伝説の音楽家、デラクルス。

彼らが演奏する音楽が、この映画の醍醐味です。

主題歌、リメンバーミーは、映画を観終わっても脳内リピート間違い無しです。


Miguel – Remember Me (Dúo) (From “Coco”/Official Video) ft. Natalia Lafourcade

 ↑英語字幕版の主題歌です。

 

後半にかけての展開が、、いい!

ネタバレになってしまいますので、詳しい事は言いませんが、僕はこの展開を予想していませんでした。

予告などを見た方は、予想できるかも?

後半にかけて、大きく展開していくストーリーが良かったです!

 

 

家族を思い出す。

ただの偶然ですが、この映画を観る数時間に前に、家族と会っていました。

それぞれ近況報告や、少し未来の話をしたりして。

離れて暮らしている為、その時間は家族の繋がりを感じるひと時でした。

 

リメンバーミーで最も伝えたかったのはきっと、”家族の大切さ”。

少しのすれ違いで、遠くなってしまう人との繋がり。

でも切っても切れないのが、家族という尊い存在。

家族だからキツく言ったり、雑に物事を伝えてしまうこともあります。

一番近くにいてくれて、きっと自分のことを一番想ってくれている相手なのに。

f:id:takumi_13:20180413133453j:plain

*2

 

リメンバーミーは、そんな当たり前のことを思い出させてくれる映画です。 

 

 

まとめ

家族と離れて暮らしている方、最近結婚した方、お子さんが生まれた方。

リメンバーミーはすべての人にオススメできる映画です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です